地震保険 見直し 事例

60代での保険の見直し その2

60代で仕事を定年退職し、年金暮らしを始めた人の多くは、保険の大幅な見直しを行います
その事例はかなりの数に上るでしょう。
仕事をしていた時と、年金暮らしになった時で、収入が変わらないという人はほとんどいないはずです。
大抵の場合、収入は減るかと思います。
それまでにある程度蓄えている人でも、生活を変える必要性は出てくる事になるでしょう。
そんな中で、地震保険の見直し事例も、やはり多くなってきます。
地震保険の場合は削られるケースが多いようですね。
各種保険を見た場合、年金暮らしの60代の年代の方々が最優先するのは、生命保険と死亡保障、そしてがん保険です。
特にがん保険は、50~60代の人はかなりの割合で加入しています。
その為、こういった保険に新たに加入する人が、歳をとるごとに増えていくのです。
そうなると、削られていくのは他の保険です。
自動車保険は、自動車に乗る必要が無くなっていくので、自然と削られていきます。
また。損害保険も、徐々に削られていくでしょう。
そもそも、この頃になるともう満期を迎えるのが一般的ですね。
そのまま契約更新しないというケースが多いのではないでしょうか。
そして、地震保険に関してもそうなってくるケースが多いですね。
地震保険の見直し事例としては、その満期を迎えた時にどうするかという事が一番のポイントと言えます。
現在の日本の地震情勢を見る限りでは、まだ60代、70代まで地震保険を続けるとまではいかないのではないでしょうか。
とはいえ、将来はわかりません。
もしかしたら、地震保険が一番優先すべき保険となる日がくるかもしれません。

2 comments - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 11月 25, 2009

Categories: 地震保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

60代での保険の見直し その1

人生における終盤戦と言っていい60代。
まだ仕事を続けている人もいれば、もう定年退職して年金暮らしに移行している人もいるでしょう。
よって60代の保険は、その2パターンで大きく分かれています。
まだ仕事を続けている人の場合は、地震保険の加入者が多いようです。
自動車保険などもそのまま継続しており、保険の見直し事例としては、解除というより移行の方が多いようですね。
例えば、自動車保険の特約の一部を解除し、その分を生命保険の特約に充てるなどという感じです。
地震保険の場合、あまりそういった移行というのはないので、そのまま継続というケースが多いようです。
60代で現役の方の地震保険の見直し事例としては、やはり引越しによるものが多いようです。
引っ越した場合、地震保険は当然ですが色々変わってきます。
住所が変わるだけでなく、保険料が変わる可能性もかなり高いのです。
その為、必然的に見直しが行われます。
この際に、割引が追加されるなどのケースもあるようですね。
また、他の見直し事例としては、収入が激減したために解除するケースも見られます。
近年、高齢者に対して、仕事を継続させる代わりに給与を大幅に下げるケースがかなり目立ちます。
あと2年、いや1年働かせてくれ、などという声が多く、それを叶える代わりに給与は半分以下、などの条件で雇用する会社が多いのです。
その場合、地震保険は見直しの対象となるのです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 火曜日, 11月 24, 2009

Categories: 地震保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

50代での保険の見直し その2

地震保険の見直し事例をみると、50代は少なめです。
ですが、当然全くないということはありません。
では、どういった50代の方が地震保険の見直し事例を作るのでしょうか。
割と多いのは、長期契約を解除し中期、短期にするというものです。
地震保険に限った事ではないのですが、保険は通常、長期契約の方が保険料は安くなります。
保険を短期でかけるというのは、あまり保険の意義を満たす行為ではない為、長期加入者がほとんどです。
よって、地震保険においても多くの人が5年単位での長期契約を結びます。
ただ、50代後半となると、中にはマイホームを手放す人も出てきます。
年金生活では今の家には住めないという方も、かなり多くなってきます。
この不況時、なかなか老後の生活を悠々自適というわけにはいきません。
そういった経済的理由から、定年退職の時期に照準を合わせ、契約を変更するという50代の方が結構いるようです。
また、50代の地震保険見直し事例としては、田舎に引っ越すというものも多いですね。
定年を目前に控え、定年後は田舎に帰るから家を引き払って保険も解除、というケースが多いようです。
その場合、田舎の家に保険を移すケースと、そのまま解除というケースがあります。
地震保険は安価ですが、その料金であっても生活費用が苦しい人にとっては圧迫となります。
他の保険との兼ね合いもあります。
その為、解除を検討する人も結構いるようです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 月曜日, 11月 23, 2009

Categories: 地震保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

50代での保険の見直し その1

50代になってくると、もう人生も後半突入ですね。
体感時間でいうと、終盤と言っていいポジションです。
人間、80歳まで生きるとしても、体感的には20代で折り返し地点を迎えると言われています。
つまり、意識的な濃密さにおいては、40、50、60・・・といった年齢はあっという間に過ぎていくという事ですね。
それは、40歳以上になってくると、新たな体験や刺激といったものがほとんど無くなり、同じ毎日の繰り返しになっていくからでしょう。
その中にあって、特に50代はその傾向が顕著です。
もっとも、50代の最後には、人生の中でも最も大きな転機が待っています。
60歳で定年を迎える方は、仕事納めという年齢です。
50代は社会人としてのラストスパートという年代なのです。
そういった年代は、当然ながらこれまで以上に健康面に関する保険に気を配ります。
生命保険の見直し事例、死亡保障の見直し事例はこの年代の方が最も多いですね。
それは、ある程度保障すべきと思うものが減っていくからです。
では、地震保険に関してはどうでしょう。
地震保険の見直し事例としては、さすがにこの年代になると少ないようです。
地震保険加入のタイミングは、マイホーム購入時と、大地震の後、あるいはテレビで特集が組まれた場合が一般的です。
その中でも大部分を占めるマイホーム購入は、50代ではあまり行われません。
その為、地震保険加入者の数では、50代は少なめと言えます。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 日曜日, 11月 22, 2009

Categories: 地震保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

40代での保険の見直し その2

40代の方が保険に求めるものは、やはり老後の生活に関してのものが圧倒的に多いですね。
具体的に言えば、医療、死亡保障、そして年金といったところです。
その一方で、年齢に関係ない地震保険に関しても軽視される事は無く、加入者は増えてきています。
40代という年齢になると、マイホーム所持率はかなり上がります。
つまり、自身から守るべき対象が増えているという事ですね。
そうなれば、必然的に地震に対して、そして地震保険に対しての意識は高まる事になります。
40代は、ある意味最も守りに入る年代かもしれません。
20代、30代ほど勢いは無く、50代、60代ほど達観はできません。
アグレッシブさを失い、まだかすかな未熟さが残る年代。
それが40代という年代なのでしょう。
それゆえに、保険に対してはかなり過敏なお年頃と言えます。
それが何を意味するのかというと、保険の見直し事例が最も多くなるのがこの年代という事です。
特に、生命保険の見直し事例や医療保険の見直し事例が多いようですね。
地震保険に関しては、過去に契約した内容と、現在の割引が増えてきた内容との差異を埋めるための見直し事例が散見されます。
ただ、地震保険は比較的保険料が安いため、すぐに見直しを行うというより、引越しなどのきっかけがあって初めて考えるという方が多いようですね。
地震保険は、一昔前と比較するとだいぶ注目度が増してきてはいますが、他の保険と比較すると、やはりまだ軽視されがちです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 土曜日, 11月 21, 2009

Categories: 地震保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

40代での保険の見直し その1

40代の地震保険の見直し事例としては、家財保険への移行が多くなるようです。
家財保険は地震保険とは違い、盗難であっても保険が適用されます。
その為、地震による家財の損失より、盗難による家財の損失を憂慮している場合は、家財保険を選択するケースが多いようです。
40代という年代は、上記の傾向を見てもわかるとおり、かなり財産に対してナイーブな年代です。
というのも、40代というのは、ある意味人生におけるピークと言え、収入がこの時期に最高潮を迎える人が多く、蓄えがかなり増えている状況なのです。
よって、家財にも相当お金をかける人が増えている事になります。
上記のような見直し事例も多数ある一方で、地震保険に対しての意識も最高潮に達していると言えます。
また、この世代は一度若い頃に地震保険に加入している人が多く、その中には契約当時はなかった割引を適用してもらうため、地震保険の見直しを・・・という事例がかなり多くなっているのも特徴的です。
地震保険の見直し事例としては、この40代が一番活発かもしれません。
40代になると、人間どこか先を見越してしまうケースが多くなります。
つまり、老後の事を急に考えるようになる時期という事です。
よって、地震保険への意識も一番高まる時期と言えます。
マイホームが地震で潰れた場合の事を危惧しての事です。
マイホーム所持率も、30代と40代ではかなり違います。
それだけでも、地震保険を重視する人の数がかなり違ってくるのは必然と言えるでしょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 金曜日, 11月 20, 2009

Categories: 地震保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

30代での保険の見直し その2

30代の地震保険は、その見直し事例として、契約から解除より、火災保険のみから地震保険加入への見直し、という事例がかなり多いようです。
やはりそれは、収入が増えていく中で、安全への意識、家族を守りたい、守らなくてはならないという責任感が生まれる為でしょう。
特に近年、地震によって家屋が倒壊するという事例も多数見受けられます。
そういった光景をテレビで見て一番ぞっとするのは、実は30代かもしれません。
というのも、30代で家庭を持ち始める人が近年はかなり多いからです。
30代という年代の特徴は、家族が多いという点です。
30代であれば、両親はもちろん、祖父母も健在であるケースが多いでしょう。
同時に、子供を設ける時期としては一番多いといえます。
つまり、4世代が現存するという事です。
その割合が最も大きい状態で、一番バリバリ働いているのが30代ということになります。
安全面への意識が高まるのは当然と言えるでしょう。
そういった状況下にあり、地震保険の見直し事例が増えるのは必然と言えます。
地震保険は、地域によって保険料もだいぶ異なりますが、それ程大きな額ではありません。
高くても年間30,000円で加入できます。
ひと月2,000円台です。
安い地域だと、年間10,000円程度です。
月に換算すると、1,000円を割り込みます。
非常に安価です。
30代の収入を考えると、負担はかなり薄いと言えます。
もっとも、月の小遣いが少ないサラリーマンの方は、もしかしたら躊躇するかもしれませんが・・・。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 木曜日, 11月 19, 2009

Categories: 地震保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

30代での保険の見直し その1

20代と比較し、30代となると、だいぶ社会的地位が向上している人が多くなります。
それはイコール、収入が多くなっているという事です。
とはいえ、社会人としては30代はまだまだ若手。
地震保険に対しての意識は、世代別で見てもまだ薄い方と言えます。
30代の人たちの地震保険の見直し事例というのは、やはり20代と同様、地域的なものが多いようです。
20代よりも安全面への意識が高くなっている傾向が見られ、今後大地震が起こると想定されている高知県や愛知県などに住む人たちは、そういった報道があった時にリアクションを起こし、見直しを行うという事例が散見されます。
地震保険の見直し事例としては無難と言えるところです。
30代は、社会的な部分とプライベートな部分が最もバランス意の取れた充実した期間と言われています。
その為、お金を使う方向性も非常にバランスがよくなります。
適度に遊び、適度に仕事をし、適度に上司に付き合い、適度に部下を連れて行く。
ある意味、最もお金がかかる時期なのかもしれません。
最近は結婚年齢がだいぶ上がっており、男性は平均30歳を超えています。
つまり、この時期に家庭を持ち、子供ができる可能性が非常に高いという事ですね。
その為、地震保険を含めた各種保険に対して意識が高まる時期でもあります。
よって、出費が多くある中で安全をお金で買うという意識も高まっているというのが30代といえるのです。
地震保険に対して、比較的意識の高い年代といえます。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 11月 18, 2009

Categories: 地震保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

20代での保険の見直し その2

20代での地震保険加入は、コスト面と生活面での兼ね合い上、やや難しいと言えます。
やはり、まだまだ給料が少ないという人が多いからです。
また、マイホームを建てるにしても、なかなか耐震強度の面まで強化できるような建物をとはいかず、割引対象外となるケースも多いため、結局加入を見送る人が多いのではないでしょうか。
地震保険に20代から加入する事例としては、既に家庭を持ち、ある程度将来を約束された人というのが一般的です。
また、地域的な問題もあります。
地震保険加入率の高い地域は、高知県、愛知県、宮城県といったところです。
これを見て、あれ、兵庫県や新潟県は? と思う方も多いでしょう。
実際に大型地震が起きた地域の方が危機感があり、加入割合が多いのでは?と考えるからです。
ですが、それ以上に、今後大型の地震が起こる確率が高いと言われている地域の方が危機感は上のようです。
高知、愛知、宮城は、いずれも今後大きな地震が発生する確率が高いとテレビなどでアナウンスされた地域です。
その為、火災保険加入者の3人に2人くらいの割合で地震保険に加入しています。
20代で地震保険に加入する事例が少ない中、こういった県に住んでいる人たちは、保険の見直しを行う割合が多いようです。
また、テレビの影響も大きく、テレビで「この県は大地震がいずれ発生する確率が高い」というアナウンスがなされれば、地震保険の見直しをする人が必然的に増えるのです。
それは、20代であっても例外ではありません。
ただ、他の世代と比較し、そういった安全面のケアに対しては20代が一番鈍いようですね。
それはやはり若さゆえということでしょう。
よって、見直し事例が一番少ないのも20代となっています。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 火曜日, 11月 17, 2009

Categories: 地震保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

20代での保険の見直し その1

保険を見直す上で年代別のタイプ分けを行っていくと、かなりそのギャップが顕著である事がわかります。
年代によって様々な問題があり、その問題と保険には少なからず因果関係があるからです。
つまり、年代で保険に対しての姿勢や考え方も変わり、そうなってくると、見直し事例もだいぶ変わってきます。
では具体的に、地震保険の20代での見直し事例を見ていきましょう。
20代で地震保険に加入している人の事例自体、あまり多くないようです。
実際、20代でマイホームを購入する人もあまりいないので、地震保険に加入する必要性があまり無いというのが現状でしょう。
それでもどうにか頑張って20代後半でローンを組む人も少なからずいます。
そう人たちは、当然義務として火災保険に入る事になるでしょう。
通常、ローンでマイホームを購入する場合、火災保険への加入を条件として掲示されますから。
しかし、火災保険の加入時に、果たして地震保険にも加入しようと思うものでしょうか。
はっきり言いますと、昔はほとんどピンとこなかった人が多かったのが実際のところです。
そして、それは今もそう変わりません。
20代の人は、どうしても遊ぶ事にお金を使います。
まだそれ程お給料が高くない状況で、車や家電、あるいは旅行、趣味など、様々な娯楽にお金をかけます。
その為、なかなか地震保険に入ろうという意思が働かないのです。
結局、地震保険の見送りが多くなるということになります。
ただ、最初はそういう意識だった家庭が、新潟中越の地震等、大型の地震が頻発し始めた時期から、見直しを行いことが多くなっているのも事実です。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 月曜日, 11月 16, 2009

Categories: 地震保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

次ページへ »