Archive for 7月, 2009

クレジットカードの比較

クレジットカードは、非常に多くの会社、系列、種類があります。
それらを全て比較するというのは、あるいは非現実的と言えるかもしれません。
それくらい、クレジットカードは多くの種類が存在しています。
では、その中から自分に合った一枚を選ぶには、どうしたら良いでしょうか。
一番効率的なのは、カテゴリー別にまとめた比較サイトを利用する事でしょう。
クレジットカードを取り扱ったサイトは沢山あり、その中には比較サイトもかなり数多く存在しています。
しかし、その中でちゃんと比較ができるサイトというのは、限られています。
しっかりまとめているサイトでないと、ほとんど役に立たないのが現状です。
では、どんなサイトが役に立つかというと、例えば「提携ブランド別」「カードブランド別」「機能別」「割引内容別」「ポイント還元率」「手数料・年会費」「発行系別」など、複数のカテゴリーに分けて比較ができるというサイトですね。
まず、自分がどんなことをクレジットカードに求めているか、という事をそのカテゴリーの中から見つけます。
コスト重視なら、手数料や年会費、ポイント還元率、割引プランなど。
使い勝手の良さなら、ブランドや系列、機能など。
特定の買い物の場合は、発行系。
様々な目的がある中で、その目的を満たしてくれるカテゴリーを探し、その中から一番条件がいいカードを探すというのが、最も効率のいい探し方かと思います。
クレジットカードは、非常に多くの修理が存在しています。
その中で最も条件がいいもの、というのはありません。
自分にとって、どれが一番いいカードなのかという事を探すのが、クレジットカードを選ぶコツです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 木曜日, 7月 30, 2009

Categories: クレジットカード 比較   Tags: , , , ,

クレジットカードのトラブル 多重責務編

クレジットカードのトラブルで最も多いのは、多重責務でしょう。
複数の会社のクレジットカードで支払いが滞った場合に、この多重責務が発生します。
簡単に言えば、複数の会社に借金している状態ですね。
これは、通常のようにひとつの会社に借金している状態と比較して、相当深刻と言えます。
クレジットカードによる多重責務の場合、通常のキャッシングによる多重責務と比較し、危機感が低いように思えます。
クレジットカードでの買い物、あるいはキャッシングというのは、現金のやり取りがない分、比較的借金しているという意識があまりないというのが要因として挙げられます。
これは、かなり深刻な状態です。
自分自身に借金をしているという感覚がないので、返す事に対してあまり積極的になれないのです。
そうなると、不誠実な返却に終止してしまう恐れもあります。
クレジットカードでの多重責務というのは、非常に厄介です。
自分ひとりで解決しようとすれば、人生そのものが崩壊する恐れすらあります。
ブラックリストに載って、カードが使用できなくなる、くらいに考えていては危険です。
また、安易に自己破産すればいい、という考えも、やはり危険です。
国民生活センターや日本クレジットカウンセリング協会、あるいは弁護士や司法書士の方たちに速やかに相談する事をお勧めします。
重要なのは、危機感を持つことです。
自分が今、複数の会社に借金している、という事を自覚し、それがいかに危険な状態かを一刻も早く理解する事が大事になってきます。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 7月 29, 2009

Categories: クレジットカード 比較   Tags: , , , ,

クレジットカードのトラブル クーリングオフ編

クレジットカードは、現金での支払いと比較し、トラブルが多いと言われています。
これは単純にクレジットカードのシステムそのものの問題だけでなく、高額の商品を取り扱う機会が多い事、支払方法が多い事などが要因と言えるでしょう。
通販での利用機会が多いというのも、ポイントです。
比較的、通販はトラブルが多いと言われています。
やはり、直に顔をあわせないという特性から、どうしても悪徳商法が蔓延しやすいという性質があるようです。
請求金額が当初の予定と異なったり、分割払いの商品が問題のある物だったりと、様々なケースのトラブルがあります。
クレジットカードでの支払いで問題が生じた場合、まずその問題を解決する為には国民生活センターに相談するのが一番良いでしょう。
一人で抱えていても、解決にはなかなか至りません。
様々なケースを取り扱っているプロの方に相談し、解決策を導き出していく事で、進展を図る事ができます。
やはり、一人で考えるのと比較した場合、かなり大きな差が生まれます。
トラブルの中には、クーリングオフに関する事項も多いようです。
クーリングオフというのは、一定期間内であれば違約金を支払う事なく消費者側が契約を打ち切る事ができるというもので、主にマルチ商法などの悪徳商法から消費者を守る為の制度です。
ただ、対象にならないケースも多く、手続の不備もよく見受けられる為、問題になりやすいようです。
クレジットカードでの支払いの場合は、特にこのクーリングオフに関するトラブルが多く発生しているようですね。
まず事前にクーリングオフが可能かどうか、確認する事をお勧めします。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 火曜日, 7月 28, 2009

Categories: クレジットカード 比較   Tags: , , , ,

クレジットカードのトラブル 盗難・紛失編

クレジットカードというのは、比較的紛失する可能性は少ないアイテムです。
あまり財布の中から出す機会もないですし、紛失する機会そのものが少ないので、当然と言えば当然でしょうか。
ただ、クレジットカードだけをなくすという事は比較的少ないにしても、財布ごと失くすケースはかなり多いです。
大抵のクレジットカード紛失のケースは、財布を落とした、置き忘れたというパターンです。
そして、失くした場合のリスクがあまりにも大きいという点は、どうしてもあります。
この他にも、盗難というケースもあります。
これも財布ごとというのがほとんどですね。
特に、ジーンズなどの後ろのポケットに財布を入れている人は、盗まれるケースが多いでしょう。
クレジットカードを紛失、若しくは盗難によって失くした場合は、即座にクレジットカード会社に連絡を入れる必要があります。
連絡先はカードに記入していますから、必ず控えるようにしておきましょう。
もし忘れたという場合は、比較的早く情報を得られるインターネットなどで調べると良いでしょう。
失くした旨を伝えれば、利用停止にしてくれるので、口座の中のお金が盗まれる事はないでしょう。
もし、仮に第三者に不正使用されたとしても、保険が付帯している場合は、その額が補償されます。
ただし、これはカード会社と警察に届出をした場合です。
カード会社に連絡を入れたら、次は警察に届出を出しましょう。
ただ、カード紛失ではなく暗証番号等の情報を漏らしてしまった場合はどうでしょう。
この場合、被害にあっても保険はききません。
自己管理能力の欠落という事で、自己責任という事になります。
情報の管理には細心の注意を払うようにしましょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 月曜日, 7月 27, 2009

Categories: クレジットカード 比較   Tags: , , , ,

航空系クレジットカード

クレジットカードに関連してよく聞くのが、「マイル」という単語ではないでしょうか。
あるいはマイレージでも同じ事ですが、これらの言葉を何故よく使用するかというと、クレジットカードで貯まるポイントの中で最も人気が高いのが、マイルだからです。
マイルというのは、通常航空系のクレジットカードなどで、飛行機に乗った場合に発生するポイントの事です。
その飛行距離に応じたマイルがカードに溜まります。
では何故このマイルが人気なのかというと、他のポイントと比較して非常に効率がいいからです。
クレジットカードのポイントで重要なのは、ポイント還元率とポイントをもらう頻度ですが、マイルの場合は還元率は0.5~1.0%と平均よりやや高めで、ポイント自体は比較的かなり貯まりやすいといわれています。
というのも、マイルは様々なポイントが換算できるようになっているからです。
互換性が高い為、結果的にマイルは非常に多くの人が利用するポイントとなりました。
そして、そのマイルをさらに効率よくためる事ができるのが、航空系のクレジットカードです。
航空系クレジットカードにおいて、JALが一番有名でしょう。
JALはJCB、DC、DINERS、といったところと提携しており、それぞれのカードが存在しています。
同じJALでも複数のカードが存在するので、条件を比較した上でどのカードがいいか考えると良いでしょう。
次に、ANAですね。
ANAも、JCB、三井住友(VISA、マスターカード)、DINERS、ソニー(VISA)と提携しており、それぞれにカードを作っています。
このANAもJALと同等の知名度を誇っています。
この他にも、ユナイテッドアローズ、Northwest Airlinesなど、様々な航空会社がクレジットカードを作っています。
航空機を頻繁に利用する人はクレジットカードを所持する確率が高いので、必然的にこういった流れになるようです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 日曜日, 7月 26, 2009

Categories: クレジットカード 比較   Tags: , , , ,

スーパー系・デパート系クレジットカード

クレジットカードにおいて、実はかなり需要が大きいクレジットカードが、スーパー系、デパート系のクレジットカードです。
デパート系は百貨店系とも言われています。
この2つのクレジットカードは、他のクレジットカードと比較した場合、やはりその使用頻度はかなり高くなります
そして、スーパー系とデパート系を比較した場合でも、結構差異が見られます。
それぞれの特徴を見ていきましょう。
まず、スーパー系のクレジットカードです。
スーパーというと、地元の少し大きい小売店を想像する人も多いでしょうが、実際には近年のスーパーというと相当大きな総合小売店であるというケースがほとんどで、はっきり言ってデパートとそれほど大きな差はありません。
日用品を買いに行く場合も、少しお高い物を買う場合も、スーパーを利用する人が多いでしょう。
例えば、イオン系、イトーヨーカドー系、あるいはダイエー系のスーパーが多いですね。
これらのスーパーではいずれもクレジットカードを作る事ができます。
イオンの場合はイオンカード、イトーヨーカドーの場合はアイワイカード、ダイエーの場合はOMCカードといったところです。
これらの特徴は、年会費が比較的安いという点です。
また、決まった日に商品の割引を受けられる点も魅力ですね。
ただ、ポイント還元率は高くありません。
それと比較して、デパート系カードの場合は年会費は高めですね。
デパート系の代表というと、三越、高島屋などです。
これらのカードは年会費が2,100円と、スーパー系の2倍~4倍です。
しかしその分ポイント還元率は若干高めで、特典もいくつかあります。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 土曜日, 7月 25, 2009

Categories: クレジットカード 比較   Tags: , , , ,

コンビニ系クレジットカード

クレジットカードの中にあって、かなりマイナーな部類に入るのが、コンビニ系クレジットカードでしょう。
そもそも、コンビニでクレジットカードを使って買い物をすること自体、かなり稀なのかもしれません。
コンビニを利用する人の中の多くに、未成年の人たちも含まれています。
デパートなどと比較した場合、高級な品物も置いてはいません。
そう考えると、クレジットカードの出番はないように思えます。
実際、比較的クレジットカードの利用頻度は決して多くはないというのが、これまでの国内における実情でした。
しかし近年、コンビニ系クレジットカードの人気が急上昇しています。
数年前と比較しても、かなり利用者が増えているようです。
それは、コンビニ系クレジットカードが、割引などのサービスを充実させてきたからです。
また、提携しているブランドも多く、通常のクレジットカードとしても利用しやすくなったので、コンビニで主に買い物をする人が、他の場所でもクレジットカードとして使いたいという場合に、こういったコンビニ系のカードを持つ、というのが今のトレンドのようですね。
コンビニ系クレジットカードは、ローソンの「ローソンパス」、ファミリーマートの「ファミマTカード」、サークルK・サンクスの「UCS KARUWAZA CARD」などがあります。
つい最近ローソンに吸収合併されたam/pmも独自のコンビニカードを作っていましたが、この件によってローソンの方に一括される事にあるでしょう。
コンビニ系カードの魅力は、ポイント還元率でしょうか。
基本的には1%ですが、それ以外にもいくつかのサービスがあるので、実質的にはもう少し上です。
コンビニの利用頻度を考えると、結構お得と言えます。
また、カード保持者対象の割引商品もあるので、かなり便利と言えます。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 金曜日, 7月 24, 2009

Categories: クレジットカード 比較   Tags: , , , ,

石油系クレジットカード

クレジットカードの種類は様々ですが、中にはメーカー系であったり、あるいは利用する場所に特化したカードというものも沢山あります。
例えば、石油系クレジットカードというと、石油、すなわちガソリンや灯油を購入する場合にサービスを充実させているカードの事を指します。
近年、値段の高騰などもあり、ガソリンに関してはかなり強い関心をもたれています。
できれば少しでも安く済ませたいというのが、多くの人の願いでしょう。
特に、長距離を走るドライバーや漁師の方は、一ヶ月だけでも数万円、数十万円の燃料費がかかると聞きます。
そういう人たちは、できるだけガソリンに掛かる負担を無くさなければ、仕事をすることもままならない状態です。
そこで便利なのが、この石油系クレジットカードなのです。
比較的あまり聞き馴染みのないクレジットカードかもしれませんが、実際にその名前を聞いてみると、CMで見たという人は多いはずです。
「ENEOS」「出光」といったカードは、かなりCMを流しているので、聞いたことがあるのではないでしょうか。
ENEOSは、最近エネゴリくんのCMで有名ですね。
水川あさみさんのツッコミはネット上でもかなり話題になっています。
こういったところのカードは、年会費は1,000円前後かかる事もありますが、燃料費はリッター辺り2円ほど割引され、灯油購入も割引価格で提供されます。
さらにはポイントも非常に溜まりやすくなっています。
リッター2円というと、比較的大した事がないように思われますが、一月2万キロは走ると言われているトラックの場合、1ヶ月で1万リットルは使用する事になります。
つまり、一月で2万円は得するわけです。
年会費なんてほんの数日でチャラです。
石油系のカードを持っている人と持っていない人と比較すると、1年間で実に20万円以上出費が違う計算になるのです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 木曜日, 7月 23, 2009

Categories: クレジットカード 比較   Tags: , , , ,

ブラックカード

クレジットカードのグレードの頂点に君臨するのは、「ブラックカード」と呼ばれるカードです。
どのクレジットカードと比較しても、全く異質と言える位に飛びぬけた存在が、ブラックカードなのです。
プラチナカードですら、このブラックカードと比較するとかなりの人が持っているというくらい、希少価値の高いカードです。
ですので、一般人の目に触れる事はまずありません。
幻のカードといっても過言ではないでしょう。
このブラックカードというのは、ほとんど要人クラス、富裕層、あるいは最大クラスの有名人のみが所持していると言われています。
有名芸能人としては、ダウンタウンの浜田雅功さんが持っていることで有名です。
この他にも、細木数子さんや高橋英樹さんなどが持っています。
このクラスの方でないと、なかなか手にすることはできません。
比較する対象のないクレジットカードであるブラックカードですが、その年会費も飛びぬけて高いですね。
国内に存在する数少ないブラックカードである「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」は、年会費36万7,500円だそうです。
年会費だけでゴールドカード所持者の一月分の収入が消えます。
まさに格が違うといったところでしょう。
ただ、これはあくまでも最高クラスの年会費で、「センチュリオンブラックカード」であれば16万8,000円、「ダイナースブラックカード」だと10万円、「JCBブラックカード」だと5万2,500円となります。
ブラックカードの中にも序列があるのかもしれません。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 7月 22, 2009

Categories: クレジットカード 比較   Tags: , , , ,

プラチナカード

クレジットカードの中でも、一番その格差が大きいのは、グレードによる区分けでの2番目と3番目です。
つまり、プラチナカードとゴールドカードという事になります。
プラチナカードは、クレジットカードにおいて2番目にグレードの高いカードという事になりますが、3番目のゴールドカードと比較した場合、その差は歴然です。
まず、このプラチナカードというのは、一般人はほとんど手に入れることすらできません。
それこそ代表取締役クラス、あるいは行政官、幹部、支配人といった極めて高い役職の人でないと、手にすることはできないクレジットカードなのです。
クラシックカードとゴールドカードは、比較的それほど大きな差はありません。
しかし、ゴールドカードとプラチナカードを比較すると、かなり差があるというのが実情です。
プラチナカードは、ある意味人間としてのステータスを最も現すカードと言えるかもしれません。
これを持っている人は、財力、社会人としての権力が共に飛びぬけて優れていると言えます。
持っているだけで人を惹き付ける魔力を持ったカード。
それが、プラチナカードなのです。
プラチナカードは維持するだけでも大変で、年会費の相場は5万円を越えてきます。
カードを持っているだけで、です。
10万円を越えるカードもあります。
その代わり、当然見返りも相当なものがあります。
保険は完備、旅行やゴルフなどのレジャーに対しても、非常に手厚いサービスが用意されます。
ホテルに泊まる場合も、このカードを見せると従業員の顔色が変わる、というくらいのアイテムです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 火曜日, 7月 21, 2009

Categories: クレジットカード 比較   Tags: , , , ,

次ページへ »