FX用語

塩漬け

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 2月 11, 2009

Categories: FX用語   Tags: , , , ,

IFD注文

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 2月 11, 2009

Categories: FX用語   Tags: , , , ,

先物取引

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 2月 11, 2009

Categories: FX用語   Tags: , , , ,

戻り、押し目

FXにおける不況下の動きというのは、読みづらさはそれほどありません。
ただ、微小な単位で見ていくと、やはりそこには細かな上下動があります。
例えば、リーマンショックの際などもそうです。
リーマンショックがあった2008年9月から12月にかけて、ほとんどの為替は大幅な下落を見せました。

これは各通貨ペアの為替チャートを見ればわかります。
ただし、それはあくまで数ヶ月単位でのことです。
例えば、その中のとある一日間にだけ絞れば、上昇を見せているものも少なくありません。
ただ、その上昇は一時的なもので、直ぐまた下降トレンドに戻ります。
このような下降トレンド時の一時的な上昇をFX用語で「戻り」と言います。
また、この例の逆で、上昇トレンド中に見られる一時的な下降をFX用語で「押し目」と言います。

この「戻り」と「押し目」は、FXで利益を得るためにはとても重要なFX用語です。
どのような通貨ペアでも、常に下がりっぱなしという事はありません。
どこかで転機を迎えます。
ただ、その転機だけを待っていては、なかなか儲ける事はできません。
その合間にある「戻り」や「押し目」をうまく利用しなくてはならないでしょう。
そして同時に、トレンドの変換期なのか、「戻り」「押し目」という一時的な変化なのかを見極める力が必要です。

特に不況時は、こういった「戻り」「押し目」の状況が多く見られます。
トレンドのベクトルが強いから、転機になりにくいのですね。
その状況を読み、しっかりとした取引を行いましょう。

【煩わしい作業から解放!】FX-max 為替データ取得ツール

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 2月 11, 2009

Categories: FX用語   Tags: , , , ,

利食い

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 2月 11, 2009

Categories: FX用語   Tags: , , , ,

機会損失

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 2月 11, 2009

Categories: FX用語   Tags: , , , ,

トレンド

FX用語に限った事ではありませんが、金融取引の場合、その取引のチャートの流れの事をよくトレンドと言います。
トレンドというと、普通の言葉だと流行を意味しますよね。
その流行、すなわち流れという意味から、FX用語をはじめとした様々な金融取引の用語で、トレンドは市場の流れ、その為替や銘柄の流れの事を指す言葉として使われます。

トレンドは、上昇トレンド(アップトレンド)、下降トレンド(ダウントレンド)といった使い方をされるのが一般的です。
どちらもFX用語ですが、上昇トレンドの場合は市場や特定の為替などが好調であることを意味し、下降トレンドはその逆を意味します。
このトレンドを読みきる事が、FXで儲ける最大のコツです。

不況時、このトレンドはほぼ常に下降状態となります。
その中で、たまに何らかの機会に大きく上昇し、また下降、という感じです。
下降トレンドの状態が長く、その合間に短期の上昇というパターンが最も多いでしょう。
その状況でしっかりトレンドの変遷を読むというのは、容易ではありません。

ただ、FXにおけるトレンドは、株などと比べればやや読みやすい傾向にあります。
特に不況時はそうです。
その理由としては、FX市場は比較的経済のニュースなどに忠実な動きをするからです。
ただ、全く素直というわけではなく、反発もし易い傾向にあります。
つまり、何か大きな出来事があれば、確実にリアクションが起きる市場といえます。
株のように、一人、あるいは複数の仕手によって、全く脈絡なく上下動する事はまずありえません。
ですから、ある程度世の中の動きを把握していれば、大怪我はしないようにはなっています。

【スゴワザ FX】システムトレード攻略マニュアル!!経験2ヶ月に満たない FXど素人が、マニュアル通りに実践しただけで、収益率を225%アップ!!

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 2月 11, 2009

Categories: FX用語   Tags: , , , ,

リスクヘッジ

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 2月 11, 2009

Categories: FX用語   Tags: , , , ,

クロス取引

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 2月 11, 2009

Categories: FX用語   Tags: , , ,

逆張り

FXでしっかりお金を稼ぐためには、様々な戦略を張り巡らす必要があるでしょう。
社会情勢に耳を傾け、どの国がどのような状態にあるのか、という情報網に常に目を通る必要があります。
また、そういった分析以外にも、チャートを注意深く分析し、その後どう動いていくかを予測していく事も必要です。

そのような中、FX用語の一つである「逆張り」も、戦略の中の一つとして数えられるでしょう。
数多くの戦略的なものがあるFX用語の中にあって、この逆張りは一種の基本ともいえます。

逆張りとは、現在の市場の流れとは逆の買い方、売り方をする事です。
例えば、チャートを見る限り、ここ一月の間は下がり続けている為替があるとします。
その為替を購入する、というのが、逆張りです。
FX用語でいうと下降トレンド状態のその為替を買う理由は、流れがもうすぐ変わることを予測してのものです。
つまり、買われすぎであると判断したということですね。
それぞれの通貨には、適正価値というものがあります。
それを超えた買われ方、売られ方をしている通貨には、この逆張りが有効なのです。

逆張りのポイントは、一つ先を言っているということです。
予測によって動くので、当然リスクはあります。
しかし、いち早く変遷を読み、流れとは逆の売買を行って、実際にうまくその流れの変遷を読みきったとき、莫大な利益を得る事ができるでしょう。
しっかり分析をしておけば、大きな読み違いはしないかと思います。
とはいえ、ロスカットラインをある程度ゆとりを持って設定しないと、流れが変わる前に自動的に売られたりする事もあるので注意してください。

★FX外国為替証拠金取引★たった2日で資金8倍にしたシステムトレードの提供!特別お試しパック!

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 2月 11, 2009

Categories: FX用語   Tags: , , , ,

次ページへ »