カードローンの使い方06

カードローンの上手な使い方についていろいろと調べています。カードを持たないことが、安全な生活を確保するための一番の方法なのでしょうが、カードを使うメリットもありますから、これが一番正しいとは一概には言えないと思います。まず大切なことは、クレジットカードも現金であると認識することです。クレジットカードには、ポイントが付いたり、割引をしてくれたり、たくさんの便利な機能が付帯しています。カード会社によって特典はいろいろとあります。しかしあくまでも利息付の借金だと考えてください!間違った認識、間違った使い方をすると、カードローン地獄へ一直線です。カードを持ったことが無い人は、どの会社のカードローンが良いのか、しっかりと事前に調べておくことが必要です。自分が良く利用するデパートや銀行など、自分にとって少しでも得するカードの方が、使っていて楽しいものでしょう。自分の収入を考えて、カードローンの利用限度額を決定し、お金を借りる時には、その収入に見合った借り入れ金額はどれくらいなのかを把握してから、その利用限度額を決めたいものです。カードローンでは、支払い方法が選択できるのですから、自分の収入を目安にして、支払い方法を一括払い、分割払い、リボルビング払いの3種から選んで、計画的に返済できるようにしたいものです。カードを作ったならば、カードを持つ者の責任、自分自身の責任として上手に利用するよう心がけたいものです。カードローン地獄へと導く危険なものばかりでは決してないのです。本来、自分の生活にとても役に立つものであり、カードについているいろんな便利な機能は生活する上で重宝するものばかりです。お金を借りているという自覚が必要です。これがあればカードローン地獄とは無縁です。要は使い方を自分で考えることが重要なのです。いま現在も返済に追われカードローン地獄真っ只中の人もいるかも知れません。今までのカードの使い方が正しいのか間違っているのか、もう一度見直す必要があります。さらに深い本当の地獄へ落ちる前にです。